インタビュー

学生の頃より明るくなった。結構気に入っている今の「自分」。

H. MIMURA
9年目 福岡支店
main

初めてご契約を頂いたのは、同期と比べてかなり遅めだ。
普通なら「自分は営業に向いていないのではないか」と悩むのだと思う。
けど営業をすることに迷いはなかった。むしろお客様とのお話は勉強になることばかり。毎日が純粋に楽しかった。それだけでいいと思っていた。
ある日、そんな「楽しいだけ」の私に支店長は言った。
「私たちの仕事は、お客様からご契約を頂くこと。お客様にとって、本当に価値のある営業パーソンにならないと、ご契約なんて頂けない」と・・・。
「営業」という仕事をする以上、これではダメだ。
自分の甘さに気がついた。私が大きく変わった日。
それをきっかけに、意識が変わった。すると自然と行動も変わった。
話し方やしぐさ、気持ちの伝え方など・・・とにかく全部が変わっていった。
今までの私とはまるで別人のもう一人の私が、お客様の前に立っている感覚。
 

mimura1


気がつけば8年が過ぎていた。
お客様の一言で泣いた日や嬉しかった日。今思えば壁もたくさんあった。
でも、いまだに迷いはない。営業は本当にやっていてよかったなと思う。
もともと受け身で、ちょっとした事でくよくよする性格だった私。
でも、この8年でプライベートの自分も大きく変わった。いろんなことに挑戦するようになり、明るくなった。今の自分は、前の自分より好きだ。
新人の指導も任せてもらえるようになった。
危なっかしくて冷や冷やすることもあるけど、そんなことより新人の変わっていく姿がとてもかわいくてたまらない。
私の今の目標は、チームを持つこと。そして、自分を変えてくれた支店長に少しでも近づくこと。自分の可能性を信じて、どこまでできるかとことんやってみたい。
何においても一歩踏み出す勇気があれば、その先には、きっと「やってよかった」という結果がある。そして、傍には必ず見守ってくれている人たちがいる。